信用取引の成功の鍵!ダイレクト信用取引のメリット

信用取引の仕組みとダイレクト信用取引

信用取引とは投資家が証券会社の信用を得て、持っている資産以上の資産を活用して株式投資を行う方法です。担保として資金や株式などを預け、それに見合った相当額の資金や株式を借りて株式投資を行うことができます。このときに取引の方法として証券会社のスタッフを介さずに、投資家が自ら株式の売買の決定を行うのがダイレクト信用取引であり、インターネット上でいつでも自分で行うことができる仕組みになっているのが一般的です。

信用取引では積極的な売買が大切

信用取引では売買を積極的に行うのが重要となる資産運用の方法です。資金や株式を借りている期間が長いほど金利や貸株料が高くなってしまいます。そのため、値動きが予想された株式に投資を行い、十分な変動があった時点で速やかにまた取引を行うということが必要になるのです。損切りを行ったり買い増しをしたりするケースも多く、取引回数が増えやすいのが特徴と言えます。この点に着目するとダイレクト信用取引の魅力が浮き彫りにされるでしょう。

取引回数が多いからこそ重要なダイレクト信用取引

ダイレクト信用取引を行うときには間に証券会社のスタッフが入らないため、手数料が安くなるというメリットがあります。売買の取引回数が増えるからこそ、一回当たりの費用は最小限にしたいでしょう。その点で優れているのがダイレクト信用取引なのです。いつでもインターネットにアクセスさえできれば取引ができるのも魅力であり、証券会社のスタッフが多忙で対応できなかったり、営業時間が終わってしまったりしても問題なく取引ができるメリットもあります。

信用取引の担保選びには特に気をつけなければなりません。万一の場合、その担保を取られる事があるからです。