相続税は難しい!税理士選びのポイントを知る

土地の評価の方法を知っているか

相続をするとき、まずは資産の算定があります。現金や株式など比較的価値がわかりやすいものはあまり問題がありません。しかし不動産はわかりにくいです。また、相続の時には特別な考え方があり、市場の相場に比べて低い価値で資産額が決められます。ただ、土地の評価などをどうするかは人によって異なります。税理士を選ぶときにも、土地の評価などに強い人を選ぶ方が良いでしょう。評価方法を間違えれば、税金戦略も大きく変わるかもしれません。

税務調査が入りにくい税理士

税金を支払うとき、申告書を作成します。自分の申告書は自分自身か税理士に依頼するかになります。資格のない他人に依頼することはできません。自分自身に資格がない場合、素人の深刻になるので税務署もかなり細かくチェックをします。また、税務調査を行うこともあります。税理士が行えば、チェックや税務調査は素人よりも少なくなります。ただ、これまでの実績などから行うこともあります。相続税の調査が入ると追徴課税されることもあるので、されにくい税理士を選んだ方がいいでしょう。

相続税を専門的に行っている税理士

税関係の法律には、所得税、法人税、消費税などがあります。税理士出ればすべてのことを知っていることが前提になりますが、場合によっては試験などを受けていない、業務を行ったことがない税金もあるかもしれません。税理士を選択するとき、相続税を専門的に行っている人を選ぶとよいでしょう。専門的でなくても、他よりも多く行っているところです。多くの手続きをしているところだと、規模の経済によって迅速に割安に行ってもらえます。

相続の申告を税理士に任せることで、平等に相続を分けることができ後々のトラブルが発生することが少ないので良いです。