株で投資をすると金利が発生?取引の仕方を考えよう

株で投資する三つの方法

株で投資をするときには証券会社などで口座を開設して始めることになります。そのときの方法には三つあるので自分のやりたい方法を選びましょう。直接自分の資金を使って株式を売買する方法が最もよく行われるものです。しかし、それでは資金が足りないというときやより大きな資金を動かしたいというときには信用取引が用いられます。また、運用を専門家に任せたいときには株式投資信託を選ぶこともできるようになっているのが現状です。

株をしたら金利が発生するケースとは

株の取引をして金利が発生するのは信用取引の場合です。信用取引では借り入れをすることで自分が持っている資金よりも大きな資金を動かせるのがメリットになります。しかし、資金を借りることからそこに金利が発生するのです。証券会社によって金利にも差があるので、特に大きな額を借りたいと思っているときにはよく比較をして金利があまりかからない証券会社を選ぶようにするのが賢明でしょう。他の場合には金利が発生することはありません。

信用取引をするなら知っておきたい貸株料

信用取引をするときには金利と並んで知っておきたいのが貸株料です。信用取引で動かせるようにできるのは資金だけでなく株もあります。株を借りたときに発生するのが貸株料であり、金利とは別に設定されているので注意しましょう。金利に比べると低いことが多いので、うまく株を借りて運用するという方法を取った方が利益を上げられる可能性もあります。使い方次第で稼げるので貸株料にも注目して証券会社を選ぶようにしましょう。

株の信用取引の金利は業者によって異なりますが、2%から3%前後が相場です。投資額が大きくなればその分、金利も大きくなるので注意が必要です。